リソースとキャパシティの違い | IT用語

スポンサード リンク

このページではリソースとキャパシティの違いに関して説明します。基本設計段階で出てくる用語のため、マスターしてください。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明リソースキャパシティ
概要リソースとはCPU、メモリ、ディスク、ネットワークなどの資源のこと。

機器はリソースを消費することにより動作する。Windowsではリソースモニタによりリソースを測定することができる。

キャパシティとは「能力」のこと。リソースが限界を超えるとキャパシティオーバとなる。リソースが多いほどキャパシティが高いこととなる。

動作中の機器のリソースに問題ないか、高い負荷でないか管理することをキャパシティぷラニングと呼ぶ。

スペルresourcecapacity

これはWindows 10 のリソースマネージャです。

関連リンク:
リソースモニタとタスクマネージャの違いとは

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。