Office365とOffice2016の個人ユーザ目線の違い

スポンサード リンク

Office 365とOffice2016 に関して一般ユーザ目線での違いに関して説明します。2017年現在で調査した結果です。今後使用が変更になる可能性があり、必ずマイクロソフトに確認してください。


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明Office 2016Office 365
概要買い切りのOffice製品。パッケージとして購入すれば、同じバージョンなら永続的に使い続けられる。メジャーバージョンアップは有料。サービスとして定額払い(一か月ごと、あるいは年単位)
構成Office 2016最新のOffice製品。2017年8月現在ではOffice 2016の使用が可能。
更新プログラムセキュリティ更新プログラム。機能追加は含まれない。最新の機能の追加。メジャーバージョンアップ。
どちらを買うか最新の機能は不要で単にWord、Excelなどの基本機能を使用したいなら Office 2016が良いかもしれません。常に最新機能を使用したい、長期的にOfficeを使いたい(2016以後)ならOffice365がよいでしょう。一生使う感じです。

その他「オンラインストレージのサポート」「タブレットやスマホからの利用」「複数端末へのインストール」「サポート」などが関連します。どちらが得か十分考えて購入してください。

一つのPCで簡単な機能だけ使用したいならOffice2016がよいかもしれません。はやり毎月使用料を払うより、買い切りの方が気分的にも楽かもしれません。

一方で長期的に、本格的に、常に最新の機能を使いたいならOffice365を使用するとよいでしょう。どこのデバイスでも、同じクラウドストレージを使用することにより、どこでも同じ環境で使うことができます。今後はSasS(Software as Service)として、Officeもサービスとして使うのが主流になるかもしれませんね。

関連リンク:
Windowsにおけるユーザ名(アカウント名)とフルネームの違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。