高水準言語、低水準言語、機械語の違い

スポンサード リンク

このページではコンピュータの言語である高水準言語、低水準言語、機械語の違いに関して説明します。


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明高水準言語低水準言語機械語
簡単に言うと人が理解しやすい。人間の言葉に近い。
機械により近い言語
人間にはほぼ理解できない機械に違い。
(*)ただし実際には 0 と 1の羅列。
言語の例Pytho、PHP、Perl、Java、BASIC,Pascal,C言語,C++,C#など
低水準言語の代表はアセンブラなど機械(CPU)が理解できる命令。

void main()
{
int a =0;
a = a + 1;
}
push ebp
mov ebp,esp
sub esp,0CCh
push ebx
push esi
push edi
lea edi,[ebp-0CCh]
mov ecx,33h
mov eax,0CCCCCCCCh
rep stos dword ptr es:[edi]
mov dword ptr [a],0
mov eax,dword ptr [a]
add eax,1
mov dword ptr [a],eax
55
8B EC
81 EC CC 00 00 00
53
A 56
57
D BD 34 FF FF FF
B9 33 00 00 00
B8 CC CC CC CC
F3 AB
C7 45 F8 00 00 00 00
8B 45 F8
83 C0 01
89 45 F8

以下は Visual Studio でアセンブラ画面を表示した画面です。

Visual Studioでアセンブラコードを表示



VC++ でC言語ソースのアセンブラコードを表示する方法

関連ページ:
mov で値をコピーするアセンブラのサンプルコード
アセンブラでポインタを制御するサンプルコード

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。