エビデンスとログの違い | システム管理

スポンサード リンク

このページでは「エビデンス」と「ログ」の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明エビデンスログ
概要エビデンスとは証拠のこと。具体的には以下のような物を証拠とする。

・ログファイル

・画面のハードコピー

・コマンド実行履歴

など

ログファイルとは、OS、ソフト、ハードなどが動作した履歴のこと。一般的にエラーが発生した場合など詳細にログが記録される。主にファイルとして記録される。

主な目的・作業を実施したことの証明。

・試験結果の証明。

・不正なことをしていないことの証明。

後での動作確認。特に障害が発生した場合、ログを確認することにより障害解析を行う。

共に電子データとして保存されるため、偽造や改ざんが容易。よって暗号化や電子署名を行うことが望ましい。

関連リンク:
ソフトウェアとプログラムの明確な違い
モジュール、プログラム、ソフトウェアの主な違い
リモートログインと画面転送の違いを簡単説明
リモートログオンとローカルログオンのログオン先の違い
プログラムとプログラミングの違い
Windowsイベントログとsyslog の違いを比較表で説明
「ログオン」と「ログオフ」の明確な違い
"管理者として実行"とadministrator権限の違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。