"管理者として実行"とadministrator権限の違い

スポンサード リンク

このページでは Windows 環境における"管理者として実行"とadministrator権限の違いに関して説明します。

Windows では重要な操作を行おうとすると「ユーザアカウント制御」画面が表示されます。これはUACと呼ばれて、システムを大きく変更したり、新規にプログラムをインストールする場合に「本当にいいの?」と確認するためのダイアログとなります。

なぜこのような機能が必要なのでしょうか?

なぜならWindows は普通のユーザは administrator でログインしてます。(企業ユーザは違うでしょうが)

これは設定を変更する場合などなんでもできるので便利ですが、逆にメールに添付されていた不正なプログラム(マルウェア、不正ソフトウェア)を実行した場合も、知らずにシステムを変更したり、不正なプログラムをインストールしてしまうことを意味します。

よってうっかり不正なプログラムを実行しても、この機能により「何か設定変更されているよ、インストールしようとしているよ、覚えある?」と聞かれるので不正な行為の一歩手前で気が付くということです。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明"管理者として実行"管理者権限
概要システムを変更(レジストリエディタなど)、アプリケーションを新規にインストールするなど重大な設定が可能。ファイルのアクセス権変更時刻の変更やサービスの制御など一般的な管理者操作。
確認ダイアログUACダイアログで直前に確認確認なし

UACは設定により無効化することが可能です。ただしセキュリティ上危険なので絶対に無効化しないでください。また ビルトイン administrator (built-in administator)は元からUACは機能しません。built-in administator アカウントは使用するべきではありません。

関連リンク:
administrator(ビルトイン) と administrators(グループ)の違い
共有フォルダにおける everyone と guest の違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。