電子署名とタイムスタンプの違いを比較表で説明

スポンサード リンク



公式文書に署名を行う場合は電子署名とタイムスタンプが重要です。しかしそれぞれ証明する事項が異なります。このページでは電子署名とタイムスタンプの違いに関して説明します。

特にタイムスタンプは重要です。PCのような機器の場合はいくらでもPCの時刻を変更して署名することが可能です。よって時刻のねつ造は簡単です。
よって第三者機関(タイムスタンプ局)によりタイムスタンプの付与を受けることにより、文書の時刻に関する事項を証明することが可能となります。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明電子署名タイムスタンプ
概要以下を証明する。

・本人がその文書を作成したことの証明(本人証明)
・文書が改ざんされていないことの証明(非改ざん証明)
以下を証明する。

・タイムスタンプの時刻に文書が存在していることを証明(存在証明)
・タイムスタンプの時刻以降に文書が改ざんされていないことの証明(非改ざん証明)
一言で言うと本人及び内容を証明。
時刻を証明。

関連リンク:
電子証明書と電子署名の違い
SPF、DKIM、S/MIME 電子署名の違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。