PIN と パスワードの違い | マイクロソフトアカウント

スポンサード リンク

このページではWindows 10 環境における PIN(ピン)とパスワードの違いに関して説明します。
Windows 10 においてはデバイスにログインするのに PIN を使用する場合と、マイクロソフトアカウントのパスワードを入力する場合があります。どのような違いがあるのでしょうか。




PIN は最低4桁の数字です。こんな単純なパスワードルールで大丈夫なのでしょうか。PIN はデバイスを保有していないと意味がないのでこの程度で大丈夫なのでしょう。もしPIN がインターネットで試せるなら、4桁程度なら簡単に解析されてしまいます。しかし実際には PIN はそのデバイスを保有しているユーザのみ試せるため、この程度で問題ないのです。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明PIN(Microsoft Hello)パスワード(Microsoft アカウント)
概要Windows 10の機能で最低4桁の数字の暗唱番号でデバイスにサインインする機能。PINGはデバイスのローカルに保存される。

マイクロソフトアカウントに対するパスワード。インターネット上のマイクロソフトのサーバ上に保存される。

関連付けデバイスに関連付けされる。
マイクロソフトアカウント名に関連付けされる。
保存場所ローカルのデバイスに保存される。

マイクロソフトのマイクロソフトアカウントを保存するインターネット上のサーバに保存される。

盗難のリスク・PINが盗まれてもデバイスを盗まれなければ不正利用が難しい。
・PINは他のデバイスに対しては意味がない。
マイクロソフトアカウント名、パスワードが盗まれてしまうと、そのアカウントはどこからでもアクセスされてしまう可能性が高い。
ネットワークを通過するかPINはローカルデバイスに対して使用されるため、ネットワークは通らない。
パスワードはインターネットを通じて送信されるため、途中で盗聴される可能性がある。

関連リンク:
パスワードを攻撃する6種類の方法
パスワード定期更新する、しないの比較及びメリット・デメリット
ユーザパスワードとグループパスワードの違い | CentOS
sftp における鍵認証とパスワード認証の違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。