ファイル共有と net share の違いとは

スポンサード リンク

このページでは「ファイル共有」と「net share」の違いに関して説明します。「ファイル共有」とは機能のことであり、「net share」とは「ファイル共有を実行する機能」のことです。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明ファイル共有net share
概要機能のこと。「ファイル共有」を実行するコマンドのこと。
その他-このコマンド以外でも管理ツールから共有を実行することは可能。

Windows Server シリーズでは「管理ツール」「コンピュータの管理」「共有フォルダ」から実行する。

参考まで、 net share の構文は以下の通りです。

C:\WINDOWS\system32>net share /?

このコマンドの構文は次のとおりです:

NET SHARE

共有名

共有名=ドライブ:パス [/GRANT:ユーザー,[READ | CHANGE | FULL]]

[/USERS:ユーザー数 | /UNLIMITED]

[/REMARK:"テキスト"]

[/CACHE:Manual | Documents| Programs | BranchCache | None ]

共有名 [/USERS:ユーザー数 | /UNLIMITED]

[/REMARK:"テキスト"]

[/CACHE:Manual | Documents | Programs | BranchCache | None ]

{共有名 | デバイス名 | ドライブ:パス} /DELETE

共有名 \\コンピューター名 /DELETE

関連リンク:
net use と net share の機能の違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。