pagefile.sys と hiberfil.sys とswapfile.sysの違い

スポンサード リンク

このページでは主に C:\ に生成される pagefile.sys と hiberfil.sys とswapfile.sysの違いに関して説明します。(pagefile.sys はc:\以外のドライブに作成することも可能です。)

デフォルトではhidden属性がつけられているため、dir コマンドなどでは表示されません。attrib コマンドで表示させるか、 dir に hidden ファイルを表示する属性(/a:h) で表示されます。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明pagefile.syshiberfil.sysswapfile.sys
概要ページファイル。

物理メモリに入り切らない情報を一時的にファイルに退避する、この退避先のファイル。

休止ファイル(ハイバネーションファイル)。

PCを休止状態にする場合、PCのメモリの情報をファイルに保存するが、その保存ファイル。

Windows 8以後で導入されたモダンアプリ(UWP)用のキャッシュファイル。
必要性必要なファイル

(無くすことも出来るが動作保証されない)

休止状態を使用しないなら不要なファイル。

必要。

ファイルは削除可能か?ページファイルを使わない設定にすれば削除可能だが推奨できない。CドライブやDドライブなどの他のドライブに移動することは可能。

以下のように、Cドライブのページファイルを"なし"にして他のドライブに移す。

可能。hibernate 機能を無効にすると自動的に削除される。(2017年現在)

powercfg.exe /hibernate off

削除は不可。移動も不可だが、裏技的にシンボリックリンクで移動させることは可能。

attrib コマンドによる表示C:\>attrib pagefile.sys

A SH C:\pagefile.sys

C:\>attrib hiberfil.sys

A SH I C:\hiberfil.sys

C:\>attrib swapfile.sys

A SH C:\swapfile.sys

サイズ(例)C:\>dir /a:h pagefile.sys

ドライブ C のボリューム ラベルがありません。

ボリューム シリアル番号は ****-**** です

C:\ のディレクトリ

2017/12/01 09:03 419,430,400 pagefile.sys

1 個のファイル 419,430,400 バイト

C:\>dir /a:h hiberfil.sys

ドライブ C のボリューム ラベルがありません。

ボリューム シリアル番号は ****-**** です

C:\ のディレクトリ

2017/12/08 21:27 6,823,358,464 hiberfil.sys

1 個のファイル 6,823,358,464 バイト

C:\>dir /a:h swapfile.sys

ドライブ C のボリューム ラベルがありません。

ボリューム シリアル番号は ****-**** です

C:\ のディレクトリ

2017/12/07 23:21 268,435,456 swapfile.sys

1 個のファイル

swapfile.sysはWindows 8で登場したモダンアプリ用のキャッシュファイルです。Windows7より前では存在しません。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。