NICがリンクアップしない場合の良くある原因と対処

このページではPCのNIC(ネットワークインターフェース)やスイッチなどの機器をLANケーブルで接続した場合、なぜか機器がリンクアップしない場合に確認するポイントに関して説明します。

スポンサーリンク

リンクアップとは

スポンサーリンク

リンクアップとは以下の状態を言います。

要するに2台の機器をケーブルなどで接続した場合、2台が電気的に通信できるようになることです。(電気的に繋がったということであり、IPアドレスレベルで通信できるとは限りません)

リンクアップしない原因と対処

原因 対処 
 相手の機器の電源がオフ。  電源オン。接続先のスイッチ、ルーター、ハブなどの電源確認。
 相手側のケーブルが抜けている。  ケーブルの接続確認。
 ポートの破損。  隣のポートで試してみるなど。
 マザーボードの故障。  BIOSメニューの診断プログラムを実行。ハードウェアベンダのサポートに確認。
 NICの故障。  BIOSメニューの診断プログラムを実行。ハードウェアベンダのサポートに確認。
 有線の場合、ジャックが奥まで挿入されていない。  ケーブルを抜き差ししてみる。ケーブル
 ケーブル不良、断線。あるいはケーブルの爪が折れていて、完全に挿入されていない。  ケーブルを変えてみる。
 ケーブルの種類の誤り(ストレート / クロスなど)。ただし一般的には「Auto MDI-X」機能により自動判定される。  ケーブルを変えてみる。
 ポートの設定が無効(セキュリティの理由などから、機器の設定でポートが使用不可に設定されている)  ポートの設定を確認。
 スイッチやルータに対しては「no shutdown」が設定されていること。  スイッチやルータに関して各ポートの確認。
 そもそも相手側の機器に問題がある。(こちらは正常だが接続先に問題があり)  相手側の機器の状態を確認する。
 通信機器の間で設定速度が異なっている。両方とも同じ設定に変更する。例:両方の機器を 1G/Auto で統一など。   両側の通信の設定が合致していることを確認する。
(注意)1Gに対応していない古いネットワーク機器の1Gで接続する場合など。試しに速度を100G/FULLに落として試してみる。
 OSやネットワーク機器の問題で"オートネゴシエーション"に失敗している。  OSのバージョンアップ、ネットワーク機器のファームウェア更新を実行してみる。
 機器の障害  機器なら電源のオンオフを実行。OSなら再起動してみる。


リンクステータス確認コマンド

(1)Windows

Windows におけるリンク状態確認コマンドは以下の通りです。

C:\>netsh interface show interface

Admin State State Type Interface Name
-------------------------------------------------------------------------
有効 切断 専用 ローカル エリア接続


C:\>netsh interface show interface

Admin State State Type Interface Name
-------------------------------------------------------------------------
有効 接続 専用 ローカル エリア接続

(2)Redhat Linux

Redhat Linuxにおけるリンク状態確認コマンドは以下の通りです。

(*)以下は対象が eth4の場合。インターフェース一覧の表示は ifconfig -a
"Link detected:"の行が yes(リンクアップ) あるいは no(リンクダウン) でリンクの状態を確認する。

# ethtool eth4
Settings for eth4:
Supported ports: [ TP ]
Supported link modes: 1000baseT/Full
10000baseT/Full
Supported pause frame use: No
Supports auto-negotiation: No
Advertised link modes: Not reported
Advertised pause frame use: No
Advertised auto-negotiation: No
Speed: 10000Mb/s
Duplex: Full
Port: Twisted Pair
PHYAD: 0
Transceiver: internal
Auto-negotiation: off
MDI-X: Unknown
Supports Wake-on: uag
Wake-on: d
Link detected: yes

スポンサーリンク

Windows 技術ドキュメント