Windows Defenderでリアルタイム保護を有効にする方法

Windows Defender でリアルタイム保護を有効にする設定です。この機能をオンにするとPCに入ってくるファイルやプログラムに対してスパイウェアに対してウィルスチェックが実行されるようになります。セキュリティ上、この機能はオンにします。

対象バージョン:1511

スポンサード リンク

(1)「スタート画面」より「設定」をクリックします。

(2)「更新とセキュリティ」をクリックします。

(3)左側にある「Windows Defender」をクリックします。

(4)「リアルタイム保護」の「マルウェアを検出し、PCにマルウェアがインストールされて実行されるのを防ぎます。この機能を一時的にオフにすることはできますが、しばらくオフのままになっていると、自動的にオンに戻されます。」で、リアルタイム保護を有効にするには「オン」を選択します。

Windows 10 設定 一覧

スポンサード リンク

[前の設定]更新プログラムの入手先をネットワーク上のPCに設定する設定手順
[次の設定]見つかった脅威をマイクロソフトに送信する設定手順