OS、仮想OS、クラウドOSの違い

スポンサード リンク

このページでは、OS、仮想OS、クラウドOSの違い

に関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明OS仮想OSクラウドOS
概要機器(ハードウェア)を管理、操作するためのソフトウェアの総称。オペレーティングシステム。

仮想環境において動作しているOSのこと。特別に仮想OS専用のOSがあるのではない。

仮想マシンや仮想サーバやゲストOSなどとも呼ぶ。

クラウド上で仮想OSを管理するための機器を動かすOS。プロビジョニングが主な役割。

構成機器1台に対して1つのOSが稼働するのが基本。

機器1台に対して複数の仮想OSが稼働する。

-
構成

例:Windows、Linux、UNIX、MacOS、iOS、Android-OpenStack、Cloud Stack、VMwareCloud、Windows Azure

関連リンク:
オンプレミスとクラウドの違いを比較表で簡単説明
ライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド、オンプレミスの違いを比較表で簡潔説明
マルチクラウドとハイブリッドクラウドの違い
クラウド、フォグ、エッジの違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。