[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧] > [Windows ディスク管理ツールにおける"オンライン","初期化","ボリューム作成"の違い]

Windows ディスク管理ツールにおける"オンライン","初期化","ボリューム作成"の違い

Windows 管理ツールでディスクの設定が可能です。このときにディスクを操作することが可能ですが、「オンライン」「初期化」「ボリューム作成」などがあります。ここではこれらの違いに関して説明します。

ディスクのオンライン、初期化の違い



(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明オンライン初期化ボリューム作成
概要ディスクに署名を行う。OSは各物理ディスクに固有のディスク署名を行うことにより各ディスクを識別しています。複数のディスクを接続している場合など、ディスクの認識の順番の違いにより異なるディスクを認識(例えばDドライブをCドライブと誤認識してしまう)ことを防いでいます。

ディスクを MBR あるいはGPT 形式に設定します。

NTFS などのボリュームを生成する。

参考:
Powershell によるディスク署名

関連リンク:
"管理者として実行"とadministrator権限の違い

エビデンスとログの違い | システム管理

snmpwalk と snmpget とsnmpset の違い | ネットワーク管理コマンド

統合ログ管理とSIEMの違い


[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。