evt と evtx の違い | Windows イベントログ

スポンサード リンク

このページでは Windows イベントログのバイナリのファイル形式である evt と evtx の違いに関して説明します。Windows Vista 以後ではイベントログのフォーマットが変更となり、拡張子は evtx となりました。Word 文書の拡張子が doc から docx に変更になったのと似ています。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明evtevtx
OS バージョンWindows Vista より前
Windows Vista 以後
詳細evtx 形式をevt には原則変換できない。(条件付きなら可能。)

evt から evtx への変換は、evt を一度イベントビューア(Vista以後)で読み込んでから evtx 形式で出力すれば可能。あるいは webtuil.exe でも変換が可能。
備考Vista より前のイベントビューアでは evt 形式のみ読み込める。
Vista 以後のイベントビューアでは evt と evtx 形式を読み込めるが、出力するのは evtx 形式のみ。

関連リンク:
Windowsイベントログとsyslog の違いを比較表で説明
イベントログとログの違いとは
evtx、xml、txt、csv の違い | イベントログ保存形式
アプリケーション、セキュリティ、Setup、システム、転送されたイベントの違い | イベントログ







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。