cookie(クッキー)とキャッシュの違い

スポンサード リンク

このページではcookie(クッキー)とキャッシュの違いに関して説明します。共にブラウザでローカルディスクに保存される情報です。ただし役割が全く異なります。


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明cookie(クッキー)キャッシュ
概要・Webサーバからブラウザに送信されるユーザに関する情報。
次回Webサーバに接続する場合にユーザを識別するために使用する。
・ブラウザで表示した内容をそのままローカルディスクに保存しておく。
その後(短時間の間で)同じページを表示する場合、わざわざWebサーバから取ってくるのではなく、キャッシュに保存しておいたのを
表示する。その方が早い。
ブラウザでページを前に進んだり戻ったりする場合にすぐに移動できるのはキャッシュのおかげ。
簡単に言うと次にWebサーバに来るときに使うから、情報をブラウザ側で覚えておく
Webサーバですでに表示した内容をブラウザ側で覚えておく。
サイズ極めて小さい。
おおよそ5000Kbまで。
大きい。
ブラウザの設定に依存する。IE11の場合は 8M〜1024M。推奨サイズは50M〜250M)
Windowsでの場所環境により異なる。以下はWindows10での例。

C:\Users\[username]\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache
環境により異なる。
"Cookie:[username]@[ホスト名]"のように表示される。

C:\Users\[username]\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache
その他ブラウザの設定でcookieを拒否することも可能。
キャッシュのサイズは変更することが可能。サイズを超えると古いものから削除される。

以下は Microsoft Edge ブラウザにおけるクッキーとキャッシュの設定です。

Edge におけるクッキーとキャッシュの設定

関連リンク:
cookie と Internet Temporary files(キャッシュ)の違い
DNS コンテンツサーバとキャッシュサーバの違い
履歴とキャッシュの違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。