メモリーダンプ、カーネルダンプ、クラッシュダンプの違い

スポンサード リンク

このページではメモリーダンプ、カーネルダンプ、クラッシュダンプの違いに関して説明します。

。実践では同じ意味で使用されている場合もあります。正確には以下の表のような使分けがあります。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明メモリーダンプカーネルダンプクラッシュダンプ
何を出力するかメモリーの内容をそのままファイルに出力(コピー)する。カーネルの状態をそのままファイルに出力(コピー)する。メモリー内でカーネル部分のみ。アプリケーション(主にOS)の内容をそのままファイルに出力(コピー)する。
出力対象原則は物理メモリーの内容をそのまま物理メモリー内でカーネル部分のみ物理メモリー内でアプリケーション部分のみ
どんなとき?OSに重大な問題が発生しクラッシュ(Windowsではストップエラー)した場合に物理メモリーの内容をそのままファイルに出力するが、その出力されたファイルのこと。OSに重大な問題が発生しクラッシュ(Windowsではストップエラー)した場合にカーネルの状態をそのままファイルに出力するが、その出力されたファイルのこと。ソフトウェア(主にOS)に重大な問題が発生しクラッシュ(Windowsではアプリケーションエラーと呼ばれる)した場合にソフトウェアのメモリー上での状態をそのままファイルに出力するが、その出力されたファイルのこと。
目的障害が発生した原因を調査するため。障害が発生した原因を調査するため。障害が発生した原因を調査するため。
例:Windows 10の場合は「コントロールパネル」「システム」「システムの詳細設定」「詳細設定」「起動と回復」で設定が可能。

参考:Windows Server 2008 R2 メモリダンプ 設定 まとめ

kdumpなどLinux の場合は「core」ファイルと呼ばれる。

Windows 3.1やWindows 95時代は「ドクターワトソン」というツールがOS標準で存在していた。

スペルMemory dumpKernel dumpCrash dump

関連リンク:
コミットとワーキングセットの違い (Windows メモリ)
「仮想メモリ」「ワーキングセット」「コミットサイズ」「プライベートワーキングセット」「共有ワーキングセット」の違い | Windows メモリ

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。