[ホーム] > [間際らしい類語 IT編一覧] > [完全仮想化と準仮想化の違いとは]
,

snmp のV1、V2、V3の機能の違いとは

スポンサード リンク

このページではネットワーク管理プロトコルである snmp(Simple Network Management Protocol) のV1、V2、V3の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明snmp v1snmp v2snmp v3
設定の困難さ設定が簡単設定が簡単設定が複雑
カウンター32bit64bit64bit + セキュリティ
パケットget、set、trap など。
v1 に "bulk request"と"inform request"を追加。
v2と互換でさらに新しいフォーマットを追加。
ユーザ認証暗号化なしのコミュニティ名暗号化なしのコミュニティ名ユーザ認証あり
暗号化無し無し有り

関連リンク:
【紛らわしい用語】snmp、smtp、ntp、sntpの違い
snmp、trap、get、set の簡潔な違い
SNMPサービスとSNMP Trap サービスの違い

[ホーム] > [間際らしい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。