SNMPサービスとSNMP Trap サービスの違い

スポンサード リンク

このページでは主にWindows Serverで使用する「SNMP サービス」と「SNMP Trapサービス」の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明SNMP サービスSNMP Trap サービス
概要SNMP の管理を行うサービスSNMP のトラップを受信するサービス
Windows Server 2012 R2では標準で稼働しているサービス。
サーバマネージャーで「SNMP Trap」機能を追加する。




確認コマンドC:\>sc queryex SNMP

SERVICE_NAME: SNMP
TYPE : 10 WIN32_OWN_PROCESS
STATE : 4 RUNNING
(STOPPABLE, NOT_PAUSABLE, IGNORES_SHUTDOWN)
WIN32_EXIT_CODE : 0 (0x0)
SERVICE_EXIT_CODE : 0 (0x0)
CHECKPOINT : 0x0
WAIT_HINT : 0x0
PID : 1612
FLAGS :
C:\>sc queryex SNMPTRAP

SERVICE_NAME: SNMPTRAP
TYPE : 10 WIN32_OWN_PROCESS
STATE : 1 STOPPED
WIN32_EXIT_CODE : 1077 (0x435)
SERVICE_EXIT_CODE : 0 (0x0)
CHECKPOINT : 0x0
WAIT_HINT : 0x0
PID : 0
FLAGS :
起動コマンドC:\>net start SNMP
SNMP Service サービスを開始します.
SNMP Service サービスは正常に開始されました。
C:\>net start SNMPTRAP
SNMP Trap サービスを開始します.
SNMP Trap サービスは正常に開始されました。
停止コマンドC:\>net stop SNMP
SNMP Service サービスを停止中です..
SNMP Service サービスは正常に停止されました。

C:\>net stop SNMPTRAP
SNMP Trap サービスを停止中です..
SNMP Trap サービスは正常に停止されました。


前の表で記載したように、SNMP TrapはWindows Server 2012 ではサーバマネージャから機能を追加することが可能です。


sc コマンドで以下のように状態を確認することが可能です。

C:\>sc query type= service state= all | findstr -i snmp
SERVICE_NAME: SNMPTRAP
DISPLAY_NAME: SNMP Trap
SERVICE_NAME: SNMP
DISPLAY_NAME: SNMP Service


services.msc では以下のように確認することが可能です。


関連リンク:
【紛らわしい用語】snmp、smtp、ntp、sntpの違い
snmp、trap、get、set の簡潔な違い
サービスとプロセスの違いとは

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。