GET、POST、PUT の違い | HTTP メソッド

スポンサード リンク

このページでは HTTP Method における「GET、POST、PUT」の違いに関して説明します。

Method によりクライアントはWebサーバに何を期待しているかの命令を伝えます。一般的にGETやPOSTがほとんどですが、PUTが使用されることもたまにあります。これらはProxyのログにも記載されるので、記憶しておくとよいでしょう。

(注意)これらの記載は"あるべき論"であり、実際にはWebサーバの実装に依存するのですべて当てはまるとは言えません。get なのにリソースを変更するなど誤った実装も見られます。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

関連リンク:
Web、インターネット、HTML、HTTPの違い
wget と curl の違い | HTTP のダウンロード
HTTP メソッドの違い(GET、POST、PUT、DELETE、HEAD、OPTION、TRACE、CONNECT)
administrator(ビルトイン) と administrators(グループ)の違い
共有フォルダにおける everyone と guest の違い
"管理者として実行"とadministrator権限の違い
UT、ITa、ITb、ST、UAT の違い
ServerService(サーバサービス)とWorkstationService(ワークステーションサービス)の違い
taskkill と tasilist の違い
InstallUtil.exe と sc.exe の違い
Windows Server と Windows Storage Serverの違い
Windows Storage Server と Linux NAS の違い | メリットとデメリット比較
tasklist で表示される Services、Console、RDP-TCPの違いは
localhost と 127.0.0.1 の違い
rest と soap のシンプルな比較表
pst、ost、pab の違い | Outlook メールクライアント
traceroute と ping の違いを比較表で説明
アウトプット(Output) とエクスポート(Export) の違い
ftps と sftp の違い | フォルダのput、ポート、クライアント証明など
timeout コマンドと sleep の違い | 機能と入手方法

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。