ftps と sftp の違い | フォルダのput、ポート、クライアント証明など

スポンサード リンク

このページではftpとsftpの違いに関して説明します。ftps は ftp 通信を tls / ssl 上で動作させることによりセキュアな通信を実現しています。一方でsftp はSSH 内で動作させることによりセキュアな通信を実現しています。



スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明ftpssftp
概要ftp を SSL / TLS でセキュアに。
ftp の拡張機能。
ssh 内で ftp を動かす。
ftp サーバをそのまま使える。
技術要素証明書
公開、秘密鍵
セキュリティ技術SSL / TLSSSH
クライアント認証クライアント側にもクライアント証明書で可能。
クライアント側も鍵ペア生成、登録で可能。

ポート989 / 99022
フォルダのputput によりフォルダのアップロードが可能。

put によるフォルダのアップロードは不可。ツールの機能を使用する。

結論


ftpは暗号化なしのクリアテキストなので使用は控えるべきですが,ftps、sftp 共にセキュアなプロトコルであるため優越はつけにくいと思います。一般的にはsftp が幅広く採用されているようです。またFirewall の観点からすると tcp ポート22番のみのssh の方が設定が容易でシンプルであるため好まれるようです。

関連リンク:
ファイルサーバとftpサーバの違い
ftp、tftp,sftp、ftps、scpの違い
ftp と lftp の違いを比較表で説明
HULFTとftp、sftp、ftpsなどの違い
Windows の特殊フォルダはLinuxではどこ
共有フォルダにおける everyone と guest の違い
ディレクトリとフォルダの違い
「インターフェース」「NIC」「ポート」の違いに関して
アウトプット(Output) とエクスポート(Export) の違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。