HULFTとftp、sftp、ftpsなどの違い

スポンサード リンク

このページでは HULFT (ファイル転送ソフトウェア)と ftp、sftp、ftpsなどの違いに関して説明します。HULFT はファイル転送でトップレベルのソフトウェアです。特に企業間の異なるプラットフォーム間でのファイル転送に使用されています。ファイル転送を実現する場合、HULFTを導入するか、あるいはftps などのプロトコルで実現するかの参考になればと思います。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明HULFTFTP、SFTP、FTPS、SCPなど
概要ファイル転送のソフトウェア。OSとは別に導入する必要がある。ファイル転送用のプロトコル。OS標準機能あるいは追加のパッケージ導入で使用が可能。

ファイル転送前、転送後のジョブ実行豊富な機能ありシェルスクリプトなどの言語で作りこむ必要あり。
転送ジョブ連携豊富な機能ありシェルスクリプトなどの言語で作りこむ必要あり。

送信要求受信側トリガーでの通信開始。HULFTの大きな利点の一つ。シェルスクリプトなどの言語で作りこむ必要あり。

スケジュール機能豊富な機能ありLinuxならcron、Windowsならタスクスケジューラとの連携が必要。また細かい制御は困難。
1対多数の転送可能不可
転送時の文字コード変換豊富な機能あり不可
リトライ可能一部オプションにより可能。
圧縮可能別途シェルスクリプトと暗号化コマンドによる作りこみが必要。

暗号化可能FTPS、SFTP、SCPなどは可能。

HULFTは実績、シェアも豊富で品質もとても良いと言われています。企業間取引ではHULFTが必須で指定される場合があります。スクリプトで作りこむ場合、保守や品質やコストを考えると、HULFTを買ってしまった方が結局は安く品質のよいシステムが出来上がると思います。

関連リンク:
ファイルサーバとftpサーバの違い
ftp、tftp,sftp、ftps、scpの違い
ftp と lftp の違いを比較表で説明
CR と LF の違いを簡潔に説明

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。