ディレクトリとフォルダの違い

スポンサード リンク

このページではディレクトリとフォルダの違いに関して説明します。
実は意味はほぼ同じです。Unix / Linux ではツリー構造のファイルの入れ物を「ディレクトリ(Directory)」と呼びますが、Windowsでは「フォルダ(Folder)」と呼びます。ただしフォルダの方が意味が広く「入れ物」」という意味で、ファイル以外のオブジェクトを保存する場所を「フォルダ」と呼んでいます。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

説明フォルダディレクトリ
概要Windows / Mac 系ファイルを保存する場所を「フォルダ」と呼ぶ。Unix / Linux 系ででファイルを保存する場所を「ディレクトリ」と呼ぶ。
OSWindows / Mac 系で使用する用語。Unix / Linux 系で使用する用語。
スペルFolderDirectory
その他ファイル以外でも様々なオブジェクトを入れる入れ物を「フォルダ」と呼ぶ。(Outlookメールなど)古くからのOSで使用されている用語。

実はディレクトリもファイルの一つです。ファイルの特殊なものがディレクトリです。このディレクトリをうまく利用してツリー構造のディレクトリ/フォルダ構成を表しています。実際にツリー構造でハードディスクなどに記録されている訳ではありません。

関連リンク:
Windows の特殊フォルダはLinuxではどこ
共有フォルダにおける everyone と guest の違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。