リセット、ハングアップ、パニックの違い | Linux

スポンサード リンク

このページでは、Linux における異常時(障害時)の動作である「リセット」「ハングアップ」「パニック」の違いに関して説明します。リセットはリブートを伴う場合が多いので、このページでは同じ扱いにしています。

参考:

【linux】カーネルパニックの種類 | 発生方法 対処

Redhat Linux 4 カーネルダンプ(クラッシュダンプ) の解析方法

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明リセット(リブート)ハングアップパニック
概要・突然リセットがかなりリブートされる。

・エラーの痕跡がないため、解析がとても難しい。

・ハードウェアに問題がある場合が多い。

・設定によってはパニックから自動的にリブートする場合も。この場合はログに記載されている可能性あり。

・突然画面が固まること。最後に表示された画面のまま。

・マウスやキーボードの入力も受け付けない。

・Ctrl + Alt + Delete も受け付けない。

・画面にエラーの内容やメモリの内容を表示した後で停止する。

・カーネルダンプなど障害の情報が出力されるので、障害解析が一番やりやすい。

別名-ストール、フリーズ

クラッシュ、ブルースクリーン、ストップエラー

ログ無し無し有り
主な原因・ハードウェアの故障。特にマザーボードの異常。

・電源異常。

・ハードウェアの故障。

・デバイスの異常。

・ソフトウェアのバグ。

・OSのバグ。

・ディスク、メモリの故障。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。