php.exe、 php-win.exe、 php-cgi.exe の違いを理解する

スポンサード リンク

このページでは php 関連のモジュールの動作の違い、どのような場合に使用するのかの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明php.exephp-win.exephp-cgi.exe
概要コンソール版(コマンドライン)
(*)実行するとコマンドプロンプトが表示される。
コンソール非表示版
(*)実行してもコマンドプロンプトが表示されない。

cgi版
コンソール出力コンソール画面あり、文字の出力あり。コンソール画面なし、文字の出力なし。主にWeb Server 環境で使用
どんな場合Windows クライアント側で PHP をテストする場合など。
・Windows Service から呼び出される場合など。(サービスは原則ユーザインターフェースを持たないため)
・出力結果を見せたくない場合、第三者がコマンドプロンプトを強制終了することによりPHPを強制終了する不正を行わせたくない場合。

などなど
Web サーバ上で PHP を実行する場合など。
注意事項IIS にも php.exe があり混同しないように注意。
--

関連リンク:
cgi と perl の違いの初心者向け説明
JavaScript と cgi の違いを初心者向けに比較
exe と com の違い | 実行可能ファイルの拡張子
InstallUtil.exe と sc.exe の違い
a.out と .exe の違いとは | コンパイラとプラットフォーム

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。