プログラムとプログラミングの違い

スポンサード リンク

このページではプログラムとプログラミングの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

説明プログラムプログラミング
概要プログラムとはコンピュータに対して命令を記載したもの。一般的にはテキストファイルにプログラムの元(ソースという設計書のような物)を書いた後、コンパイルによるプログラムを生成する、プログラミングとはプログラムを作る(設計)する行為のこと。一般的にはテキストエディタあるいは、言語開発ツール(Microsoft Visual Studioなど)でプログラミングを行う。コンパイルによるプログラムを生成する。
実態一般的にプログラムはファイルである。行為であり実態はなし。
小説で例えると小説が書かれた原稿。小説を書く行為。

関連リンク:
ソフトウェアとプログラムの明確な違い
モジュール、プログラム、ソフトウェアの主な違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。