"前回正常起動時の構成"と"システムの復元"の違いを理解する

スポンサード リンク

Windows においてシステムが不安定になったり正常に起動できなくなった場合に復旧するとして"前回正常起動時の構成"や"システムの復元"などがあります。どのような違いがあるのか説明します。
(*)"前回正常起動時の構成"は Windows 8や Windows 10では機能が無くなりました。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明前回正常起動時の構成システムの復元
概要前回正常に起動できたときの設定に戻る。
復元ポイントを作成したときに戻る。
条件OSブート時に表示されるため、OSのブートができることが条件。
Windows 10では以下から実行可能。よってWindows 10 がディスクから起動できない状態でも復旧作業が可能。

・インストールメディア
・起動のカスタマイズ
・回復ドライブ
・システム修復ディスク
・「コントロールパネル」「システム」「システムの保護」より[システムの復元]を実行。
作成タイミング自動的に前回のシステム設定が記録されておりそれが使用される。
・手動で復元ポイントを作成した場所。
・Window update、ドライバ更新、アプリケーションのインストールなどシステム構成を変更するとき、Windowsが自動で復元ポイントを生成する。
メリットユーザがポイントを作成する必要はない。
何世代も復元ポイントを作成することが可能。好きなタイミングで作成が可能。かなり昔まで戻れる。
デメリット一つ前までしか戻れない。
事前の復元ポイントの作成が必要。

参考:
Windows 10 トラブル時の復旧手段(まとめ)
Windows トラブル時の復旧手段
システムイメージバックアップとバックアップの違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。