[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧] > [ServerService(サーバサービス)とWorkstationService(ワークステーションサービス)の違い]

ServerService(サーバサービス)とWorkstationService(ワークステーションサービス)の違い

このページではWindows における 「Serverサービス」と 「Workstation サービス」の違いに関して説明します。
比較は以下の通りになります。実はデフォルトでは両方のサービスが起動しておりどちらの機能も使えるようになっています。

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明Server サービスWorkstation サービス
ざっくり言うと提供する側使う側
機能ファイルやプリンタなどのリソースを共有(提供,share)する。

他の機器上のファイルやプリンタを使用(net use)するサービス。(その他クライアント機能もあり)
企業内での例え企業内のファイルサーバやプリンタサーバなどで使用する。個人PCでは不要なため停止したほうが良い。
企業内のクライアントPC上で使用するサービス。

サービスツール上での表示


関連リンク:
サービスとプロセスの違いとは

SNMPサービスとSNMP Trap サービスの違い

ServerService(サーバサービス)とWorkstationService(ワークステーションサービス)の違い

プロバイダサービスの共有SSLと独自SSLの違い

自動、自動(延滞開始)、手動、無効、自動(トリガー)、手動(トリガー)の違い | Windows サービス

"Windows サービス"と"常駐アプリ"の違いまとめ

Windows Defender の各プロセス名、各サービスの機能の違いを理解する

サービスやタスクスケジューラで表示されるアカウントの違い


[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。