Windows ファイル共有と samba の違い

スポンサード リンク

このページでは Windows 標準機能である Windows ファイル共有と samba の違いに関して説明します。
samba は Unix系のプラットフォームで Windows のファイル共有機能やドメイン機能を提供しようというものです。以下のようなメリット、デメリットがあります。

メリット・・・クライアントライセンス機能が不要。
デメリット・・・完全な互換機能はない。


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明Windows ファイル共有、ドメイン機能samba
概要Windows 標準機能。ドメイン機能はWindows Server系OSの標準機能、ファイル共有はWindowsのServer系、クライアント系の両方で標準で実装されている。
Windows のファイル共有機能、ドメイン機能をUnix 系プラットフォームで実現したもの。完全な互換性はない。
動作プラットフォームWindowsLinux、Solaris、BSD などUnix系OS。
開発元Microsoftが開発
フリーソフトウェア
費用原則はWindows のアクセスライセンスが必要。
原則アクセスライセンス不要なため、Windows Serverの代替として導入されるケースがあり。
機能


以下はWindows ファイル共有の管理ツールです。

Windows ファイル共有ツール



関連リンク:
ファイル共有と net share の違いとは
マウントとファイル共有の違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。