[ホーム] > [Windows ドキュメント]

OSI 7階層をHTTPの例で理解しやすくする

このページでは OSI 7階層をHTTP を例をとることにより説明し理解を深めることを目的としています。ネットワークを理解する上で十分有益なのでぜひ理解しましょう。情報処理などでもおなじみですがどうしても覚えられませんね。そこでおなじみの HTTP (ブラウザとかWebサーバ)を比較にすることにより理解しやすくしています。

階層 名前 説明 HTTP の場合 対象機器 その他
上位層 アプリケーション層 アプリケーションの取り決め。データ形式や処理など。 HTML4やHTML5やCSS(Cascading Style Sheets)などの仕様。    
上位層 6 プレゼンテーション層 データの表現形式の層。文字コード変換、圧縮、暗号化など 文字コード変換。UTF-8、Shift-JIS、EUCなど。
上位層 5 セッション層 アプリケーションのセッション。プログラム間の接続手順。 ブラウザのセッション管理。cookieによる制御など。 SSL-VPN
下位層 4 トランスポート層 ネットワーク層以下の通信を制御。実際のデータの取り扱いを行う。データブロックサイズの制御やエラーの訂正。 TCP,UDP ゲートウェイ
下位層 3 ネットワーク層 ネットワーク全体の通信取り決め。複数機器あるいはネットワーク通信の取り決め。 IP ルータ IPSec-VPN
下位層 2 データリンク層 イーサネット、無線LANなどデータ端末間の通信取り決め。 MACアドレス,arp ブリッジ
下位層 1 物理層 通信媒体間の電気信号的な取り決めおよびコネクタの形状など。一番ハードウェアに近い層となります。 ネットワークケーブル/無線LAN リピーター

ブラウザで表示される画面ですが、HTMLやCSS で記述されています。実態はテキストですね。これは「アプリケーション層」となります。WebサイトにユーザIDを利用してログインしたり、cookie などでセッション管理したりしますが、これは「セッション層」となります。送信、受信の保証を行うTCP、投げっぱなしでロスする可能性があるUDP は「トランスポート層」となります。Transport は「輸送」という意味でパケットを運ぶ役割があります。

よく使う「IP アドレス」は「ネットワーク層」のプロトコルとなります。

コネクタの形状であるUTPケーブルなどは「物理層」となります。
それ以外にも色々ありますね。実際に身近なものに例えて覚えると記憶しやすいでしょう。

対応するネットワーク機器も把握しておいてください。

参考:

NICがリンクアップしない!!現場で困らないために予習を

L2、L3、L4、L7の違いのまとめ | スイッチの種類

[ホーム] > [Windows ドキュメント]