アクティベーション、ライセンス認証、ユーザ登録の違い

スポンサード リンク

このページではアクティベーション、ライセンス認証、ユーザ登録の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明アクティベートライセンス認証ユーザ登録
概要アクティベートとは、未アクティベート状態で制限されていた機能を解除して使えるようにすること。アクティベーションとも呼ぶ。
一般的にはライセンス認証を実行したときや、別途入手したアクティベーションコードを入力した場合にアクティベートされる。
ライセンス認証とは 正当なプロダクトキーなどを入力し、そのソフトの正当な使用者であることを証明すること。主にインターネット経由でソフトウェアメーカーのライセンス認証サーバに対して認証を行う。
ソフトウェア使用者の名前、住所、購入日などを登録すること。インターネット上あるいは登録はがきで行う。主にサポート時に正当なユーザであることを確認するために行う。さらに新製品の紹介やソフトウェアの更新などの連絡も来る。

関連リンク:
Windowsにおけるユーザ名(アカウント名)とフルネームの違い
Office365とOffice2016の個人ユーザ目線の違い
ユーザパスワードとグループパスワードの違い | CentOS
ユーザとグループ関連のコマンドの比較 | CentOS







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。