プロバイダサービスの共有SSLと独自SSLの違い

スポンサード リンク

このページではプロバイダサービスにおける共有SSLと独自SSLの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明共有SSL独自SSL
概要プロバイダのユーザで同じ証明書を共有。

ただし独自ドメインの場合でも、https (SSL/TLS) のページのみ、プロバイダ指定のドメインに移動するのが一般的。

独自ドメインごとに証明書を使用。共有SSL のような制限はなし。

費用一般的に無料。

一般的に有料。

リスクcookie ハイジャック等のリスクあり。

-

関連リンク:
ssl と ssh の違いを比較表で説明
サービスとプロセスの違いとは
SNMPサービスとSNMP Trap サービスの違い
ServerService(サーバサービス)とWorkstationService(ワークステーションサービス)の違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。