snmp マネージャーと snmp エージェントの違い

スポンサード リンク

このページではネットワーク管理プロトコルである「snmp マネージャー」と「snmp エージェント」の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

説明snmp マネージャーsnmp エージェント
どちら側?管理する側
管理される側
主な機能・snmp エージェント側の MIB を get
・snmp エージェント側の MIB を set
・snmp エージェントからの trap 受付
・snmp マネージャへ trap を送信する。(障害発生、閾値超え、イベント発生時など)

使用ポートUDP162で待ちUDP161で待ち
スペルsnmp manager
snmp agent
Redhat におけるインストールパッケージnet-snmp-utils を導入する。SNMPマネージャー側(管理する側)のツール。
net-snmp を導入する。SNMPエージェントやSNMPトラップツールなど SNMP エージェント(管理される側)を導入。

関連リンク:
【紛らわしい用語】snmp、smtp、ntp、sntpの違い
snmp、trap、get、set の簡潔な違い
SNMPサービスとSNMP Trap サービスの違い
snmp のV1、V2、V3の機能の違いとは

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。