[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧] > [systemctl と sysctl の違い | Linux]

systemctl と sysctl の違い | Linux

このページではLinuxにおける systemctl と sysctl の違い関して説明します。似た言葉ですが、全く違う機能となります。

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明systemctlsysctl
概要systemctlとは systemd (Linux系サービス制御) の制御コマンド。systemdはCentOSでは 7 から標準として採用されている。
sysctl とは Linuxパラメータを参照したり変更するコマンド。カーネル再構築不要でコマンドで変更を動的にできるのが特徴。

関連リンク:
Windows の特殊フォルダはLinuxではどこ
Windows Storage Server と Linux NAS の違い | メリットとデメリット比較
less、view、more、cat、vi、vim の違い | Linuxコマンド
WindowsカーネルとLinuxカーネルの違い
Linux におけるmessages、secure、cron、maillog ログの違い
リセット、ハングアップ、パニックの違い | Linux
df du コマンドの違い | Linux ディスク容量調査
chmod、chown、chgrp、chrootの違いとは | Linux
Windows と Linux における実行可能ファイルの違い
Linux と UNIX の違いを比較表で簡単説明
gz ファイルを解凍せずに処理する Linux コマンド集
Linux のリブートコマンドの違い | systemctl、shutdown、reboot、poweroff、halt
Hyper-V とWSL(Windows Subsystem for Linux)の違い

[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。