Windows CE と Windows Embedded の違い

スポンサード リンク

共にMicrosoft の組み込みOSである Windows CEと Windows Embedded の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明Windows CEWindows Embedded
特徴Windows CEはとても小さなコンポーネントを組み合わせて構築する組み込み機器向けのOS。
小さなコンポーネントから構成されているため、Windows Embedded よりさらにフットプリント(専有面積)の小さいデバイスを開発することが可能。リアルタイム性あり。
Windows ベースではない。
Windows EmbeddedとはWindows の機能を多数のコンポーネントに分割したOS。開発者はこのコンポーネントから必要なものだけを採用してOSを構築することができる。コンポーネントは多数あるが、開発者はすべてを把握、選択するのではなく依存関係から自動で選択されるものもあり。

どんな場合小型で少リソース、リアルタイム性を重視したい場合。
テンプレート使用により短期間で開発したい場合。
組み込みデバイスとはいえ、高機能なデバイスを開発したい場合。
Windowsのノウハウを活かしたい場合。

参考:

関連リンク:
tar、dump、dd によるバックアップ方式の違い
【CentOS】 useradd と adduser は一体何が違うのか?
カスタイマイズ と アドオン (Add on) の違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。