vbCrLf、vbLf、vbCr、vbNewLineの違いに関して | VBA

スポンサード リンク

このページでは VBA などで改行コード関連として使用される定数であるvbCrLf、vbLf、vbCr、vbnewlineの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明vbCrLfvbLfvbCrvbNewLine
概要ラインフィード + キャリッジリターンラインフィード(次の行へ)キャリッジリターン(カーソルを先頭に)実行中のOSにより変わる。

Windowsで実行する場合はラインフィード + キャリッジリターン

文字コードchr(13)+chr(10)chr(10)chr(13)Windowsの場合はchr(13)+chr(10)
改行コードWindows で一般的な改行コード。ただし必須ではなく、秀丸エディタなどでは改行をラインフィードにする場合もあり。

Linux では一般的な改行コード

MacOS で一般的な改行コード

実行するOSの一般的な改行コードを変える。
例:Windows のメモ帳で改行を入力した場合。

・Excel のセル内での改行。

・Linuxのテキストエディタでの改行。

-以下をWindows環境で実行すると"Windows"と表示される。

if vbnewline = vbCrLf then

msgbox "Windows"

end if

秀丸エディタでは、改行が chr(10)でもchar(13)+char(10)でも自動で判定して表示するようです。

一方でWindows標準のメモ帳では改行はchar(13)+char(10)固定であるため、linux などchr(13)を改行としたテキストファイルを表示すると改行せずに表示されます。

関連リンク:
CR と LF の違いを簡潔に説明
ftp と lftp の違いを比較表で説明
HULFTとftp、sftp、ftpsなどの違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。