リソースとメモリの違い

スポンサード リンク

このページではリソースとメモリの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明リソースメモリ
概要リソースとはCPU、メモリ、ディスク、ネットワークなどの資源のこと。

機器はリソースを消費することにより動作する。Windowsではリソースモニタによりリソースを測定することができる。

リソースの一つ。

「リソースが足りません」とは通常はメモリが足りない場合が多い。

CPUやネットワークはリソースが不足しても動作が遅くなるだけで止まることはない。

一方メモリが不足(仮想メモリ含む)するとそのプログラムが停止したり新規の起動が失敗したりする。

特徴
スペル

関連リンク:
コミットとワーキングセットの違い (Windows メモリ)
「仮想メモリ」「ワーキングセット」「コミットサイズ」「プライベートワーキングセット」「共有ワーキングセット」の違い | Windows メモリ
メモリーダンプ、カーネルダンプ、クラッシュダンプの違い
リソースモニタとタスクマネージャの違いとは
リソースとキャパシティの違い | IT用語
リソースとアセットの違いに関して

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。