snmp 監視と syslog 監視の違いに関して

スポンサード リンク

このページでは snmp 機能を使用した監視と syslog の監視の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明snmp 監視syslog 監視
概要snmp は標準で監視機能あり。
標準で監視機能は無い。
監視方法snmpget あるいは snmp trap
・syslog 内を検索し、error や fail などのキーワードをチェックする。
・syslog の facilityでエラーをチェック。以下の種類があり。

emerg:システムダウンの危険性
alert:緊急
crit:致命的
err:エラー
warn:警告
notice:通知
info:情報
debug:デバッグ
監視仕組みsnmp マネージャー / snmpエージェントの機能で監視が可能。snmp エージェントが監視される側、snmp マネージャーが監視する側。ソフトウェアベンダあるいはハードウェアベンダから MIB を入手し監視に活用する。
syslog はテキストなので、様々なキーワードを検索することにより監視する。ソフトウェアやハードウェアは障害時に syslog に出力する必要あり。同時にsyslog も蓄積される。

関連リンク:
【紛らわしい用語】snmp、smtp、ntp、sntpの違い
snmp、trap、get、set の簡潔な違い
SNMPサービスとSNMP Trap サービスの違い
snmp のV1、V2、V3の機能の違いとは
snmp マネージャーと snmp エージェントの違い
snmpwalk と snmpget とsnmpset の違い | ネットワーク管理コマンド
Windowsイベントログとsyslog の違いを比較表で説明







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。