chmod、chown、chgrp、chrootの違いとは | Linux

スポンサード リンク

このページではchmod、chown、chgrp、chrootの違いに関して説明します。コマンドの先頭に "ch" が付くのは何かを変更するコマンドです。名前が似ていて紛らわしいためコマンドの意味をまとめてみました。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明chmodchownchgrpchroot
概要ファイルやディレクトリのアクセス権を変更する。

ファイルの所有者と所有グループを変更する。

ファイルの所有グループを変更する。

このコマンドは他とは意味合いが違う 。現在の環境に対して、ルートディレクトリを変更する。ルートより上は見えなくなる。システムをリストアする場合などの便利。

簡単に言うとこれは誰が読める、これは誰が書けるとかを設定する。

このファイルは誰が管理するか、どのグループが管理するかなどを設定する。

このファイルはどのグループが管理するかなど設定する。

(*)所有グループ変更のコマンドなら chown でも可能。

システム(Linux)の一番上のディレクトリを設定する。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。