DNS、グローバルカタログ、RODCの違い | Windows ドメインコントローラ

スポンサード リンク

Windows Server をドメインコントローラに昇格する場合に設定可能なオプションの比較を説明します。


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明ドメインネームシステム(DNS)サーバグローバル カタログ(GC)読み取り専用ドメイン コントローラ(RODC)
概要・DNSサーバ。
・名前解決などを行う。
・グローバルカタログを保有するサーバー。
・フォレストの初めのドメインコントローラはGCであることが必須。(Windows Server 2012 R2で確認)
・読み取り専用のディレクトリを保有するドメインコントローラ。ディレクトリは読み込みは可能だが書き込みはできない。一方行(相手から自分へ)の複製を受ける。
・パスワードは保有しない。(設定によりキャッシュは可能)
・管理者のいない小規模拠点向け。


備考プライマリ、セカンダリDNSなどの設計検討する。
1台以上必要。複数指定するのも有効だが、複製処理やディスク消費が発生する。
必須ではない。管理者のいない小規模拠点や回線が細い拠点などで有効。
キーワードDNSグローバルカタログ読み取り専用ディレクトリ

関連リンク:
DNS コンテンツサーバとキャッシュサーバの違い
正引きと逆引きの違い (DNS)
ロードバランサーとDNSラウンドロビンの違い
Windowsにおける名前解決の違いと順番(キャッシュ、hosts、DNSサーバ、Netbios)
Windows ドメインとワークグループの違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。