Windowsにおける名前解決の違いと順番(キャッシュ、hosts、DNSサーバ、Netbios)

スポンサード リンク

このページでは Windows における名前解決の手段であるキャッシュ、hosts、DNSサーバ、netbios の順番、及び違いに関して説明します。
内部ネットワークのホスト名を解決する場合、あるいはインターネット上のURIを解決する場合などに使用します。名前解決ができない場合など参考にしてください。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明キャッシュhostsDNSサーバnetbios
概要過去に名前解決されたホスト名がしばらくキャッシュに残っている。同じ名前を何度も解決しなくてよいように、まずはこのキャッシュが参照される。
hostsファイル(テキストファイル)に書かれたホスト名とIPアドレスのペアが参照される。

Windows 10 では以下に保管されている。

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts
指定されたDNSサーバを参照する。DNSサーバからはIPアドレスが返される。

Windows固有の古い技術である"netbios"を使用する。今は全くといっていいほど使用されない。

・ブロードキャスト
・WINSサーバ参照
・lmhostsファイル
優先度1234
確認コマンド(Windows)C:\>ipconfig /displaydns
C:\>type c:\windows\System32\drivers\etc\hosts
#ipconfig /all | findstr DNS-
参考(linuxの場合)
#arp
# cat /etc/hosts
# dig | grep SERVER:-

関連リンク:
DNS コンテンツサーバとキャッシュサーバの違い
正引きと逆引きの違い (DNS)
ロードバランサーとDNSラウンドロビンの違い
cookie と Internet Temporary files(キャッシュ)の違い
履歴とキャッシュの違い
cookie(クッキー)とキャッシュの違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。