ping ポーリングと snmp ポーリングの違い

スポンサード リンク

このページでは監視方式である ping ポーリング監視と snmp ポーリング監視の違いに関して説明します。

ping ポーリングは別名 ping 監視といい、単に監視対象に ping を送信するだけです。何回か連続で応答がない場合は障害と判断します。

一方で snmp ポーリングは 定期的に snmp エージェントの状態を確認する監視です。取得した値で障害値が見つかった場合やリソースの閾値を超えていた場合は障害と判断します。

監視内容が異なるため、どちらの監視を行うかではなく、両方の監視を行うのが一般的です。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明ping ポーリングsnmp ポーリング
概要ping による監視の仕組み
snmp による監視の仕組み
監視方法ping ポーリングとはネットワーク経由の監視方法の一つ。監視機器から監視対象にping を送信し、応答がない場合は障害と判断。
snmp ポーリングとはネットワーク経由の監視方法の一つ。
snmp マネージャから snmp エージェントへsnmp get で情報取得し、値が異常だった場合やget に失敗した場合は障害と判断する。
使用するコマンドping
snmpget
主な監視内容・死活監視(機器がダウンしていないか)
・ネットワークの監視(機器までネットワークが通じているか)
・ログ監視
・ソフトウェアやハードウェアのエラー監視
・リソース監視(CPU、メモリ、ディスクなど)
・パフォーマンス監視
・ネットワークトラフィック
監視内容狭い。機器の状態までは監視できない。
幅広い。機器の状態まで監視可能。

関連リンク:
【紛らわしい用語】snmp、smtp、ntp、sntpの違い
snmp、trap、get、set の簡潔な違い
SNMPサービスとSNMP Trap サービスの違い
snmp のV1、V2、V3の機能の違いとは
snmp マネージャーと snmp エージェントの違い
snmpwalk と snmpget とsnmpset の違い | ネットワーク管理コマンド
snmp 監視と syslog 監視の違いに関して







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。