ログオンスクリプトとスタートアップフォルダの違い

スポンサード リンク

このページでは、Windows 環境において自動で起動される「ログオンスクリプト」と「スタートアップフォルダ」の違いに関して説明します。

ログオンスクリプトが先に実行され、スタートアップフォルダは後で実行される。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明ログオンスクリプトスタートアップフォルダ
概要ユーザログオン時に起動されるスクリプトのこと。ポリシーで設定する。
Windows ドメイン環境 (Active Directory)においては、共有フォルダで設定する。
エクスプローラ上の特別なフォルダ。ここにショートカットを保存すると、ユーザがログオンした場合に自動的に実行される。

参考:スタートアップフォルダ

関連リンク:
Windows の特殊フォルダはLinuxではどこ
共有フォルダにおける everyone と guest の違い
ディレクトリとフォルダの違い
ftps と sftp の違い | フォルダのput、ポート、クライアント証明など
スタートメニューとスタートアップフォルダの違い
リモートログオンとローカルログオンのログオン先の違い
「ログオン」と「ログオフ」の明確な違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。