[ホーム] - [バッチファイル サンプル一覧]

バッチファイル サンプルコード一覧



変数
■set コマンドのオプション /a 有り、無しの違い | 足し算されない
■変数を文字ではなく数字として扱い比較する簡潔なサンプルコード
■"ECHO は <OFF> です。" と表示される原因と対処

文字列操作
■変数に対して文字のサブセットを取り出す | 文字列処理に最適

入出力
■実行バッチ名やコマンドを標準出力に出力しない | 結果をすっきりする
■stdoutとstderrの違いをサンプルで確実に理解する

日付
■DATE変数に関するWindows2000/2003の違い
■今日の日付をセットする(YYYYMMDD形式)

制御
■Yes No 選択を実現するバッチファイルサンプル

条件式
■「( の使い方が誤っています。」というエラーの原因と対処

実行
■バッチをコマンドプロンプトを終了させずに終了させるには
■バッチを終了させても、コマンドプロンプトは閉じない方法
■他のバッチを呼び出して、終了後に元バッチに戻るには

構文
■if 〜 elseの構文は
■繰り返し処理を実行する方法
■"指定されたバッチ ラベルが見つかりません"の原因と対処

引数・戻り値
■バッチファイル内で引数が渡されているか確認するサンプルプログラム
■exit で終了したバッチを呼び出し、戻り値を取得する
■バッチの引数にファイル名を指定した場合、それを加工したい
■ERRORLEVEL の判定方法を行う6通りの方法まとめ
■rem (コメント) で %ERRORLEVEL% 戻り値は変更になりますか

リダイレクト
■リダイレクトの使い方 | 4通りのややこしい使い方の整理

プロセス
■プロセス名を指定してまとめてプログラムを強制終了するコマンド

フォルダ処理
■サブフォルダを再帰的に削除

ファイル処理
■ファイルの存在を確認するには
■特定のフォルダ以下のすべてのファイルに処理を行なう方法
■ファイルの行数をカウントするコマンド
■フォルダ内のファイルの数を数える方法
■フォルダ新規作成の結果をエラーチェックするバッチファイル
■ファイルサイズが0バイトかチェックするサンプル
■0 バイトのファイルを作成する
■フォルダやディレクトリをワイルドカードで削除する方法
■指定したサイズのファイルを削除する方法
■特定フォルダ以下で指定した文字を含むテキストファイルを処理する
■テキストファイルで指定した文字が含まれる行数をカウントする方法
■テキストファイル内で検索した文字の行数を変数として取り込む
■for ループによりテキストファイル内のの各行を処理する
■フォルダ以下で特定の拡張子を除外したファイルの処理
■フォルダにあるファイルと同じ名前のファイルを削除する

パラメーター
■バッチファイルのパラメータとしてイコールやセミコロンが使えない原因と対処

デバイス
■nul デバイスとは | 闇に葬りたい方はこちらに
■con デバイスとは | キーボード入力やコンソール出力を簡単に

テスト環境構築
■テスト環境を構築するバッチファイルサンプルコード集

その他
■バッチやアプリケーションと ERRORLEVELの関係
■起動中のプロセス一覧を定期的にファイルに保存するバッチ
■バッチの実行・停止の制御をサーバ側で制御する工夫
■途中キャンセル可能な sleep (待つ) コマンド
■ユーザ一覧を表示する
■【悪用厳禁】実行してはいけない危険なバッチファイル

システム
■実行バッチ名やコマンドを標準出力に出力しない | 結果をすっきりする
■shutdown.exeの成功・失敗の結果をイベントログに記録する
■ユーザ向け環境変数あるいはシステム環境変数をセットする

サービス
■Windows サービスを調べる6種類のコマンド

robocopy
■robocopy で指定した日付以後をコピーするサンプル


[ホーム] - [バッチファイル サンプル一覧]