[FAQ CENTER トップ]

バッチコマンド FAQ リスト



スポンサード リンク



文字列操作
■変数に対して文字のサブセットを取り出すには

入出力
■実行バッチ名や実行結果を画面に出力しない
■stdoutとstderrの違いは

日付
■DATE変数に関するWindows2000/2003の違い
■今日の日付をセットする(YYYYMMDD形式)
■test

条件式
■「( の使い方が誤っています。」というエラーの原因と対処

実行
■バッチをコマンドプロンプトを終了させずに終了させるには
■バッチを終了させても、コマンドプロンプト (cmd.exe)は終了させたくない
■他のバッチを呼び出して、終了後に元バッチに戻るには

構文
■コメント行 (rem)を出力しない方法は
■if 〜 elseの構文は
■繰り返し処理を実行する方法

引数・戻り値
■バッチの引数の値をチェックする
■引数があるか調べる
■exit で終了したバッチを呼び出し、戻り値を取得する
■バッチの引数にファイル名を指定した場合、それを加工したい
■ERRORLEVEL の判定方法

リダイレクト
■リダイレクトの使い方

フォルダ処理
■サブフォルダを再帰的に削除

ファイル処理
■ファイルの存在を確認するには
■特定のフォルダ以下のすべてのファイルに処理を行なう方法
■ファイルの行数をカウントするコマンド
■ファイル数をカウントする方法
■フォルダを作成し、エラーをチェックする
■ファイルサイズが0バイトかチェックする
■0 バイトのファイルを作成する
■フォルダ(ディレクトリ)をワイルドカードで削除する方法
■特定フォルダ以下で指定した文字を含むテキストファイルを処理する
■テキストファイルで指定した文字が含まれる行数をカウントする方法
■テキストファイルを指定した文字で検索し、ヒットした行数を変数として取り込む
■フォルダ以下で特定の拡張子を除外したファイルの処理

パラメーター
■バッチファイルのパラメータとして =(イコール)や;(セミコロン)を使用した場合の動作

デバイス
■nul デバイスとは
■con デバイスとは

その他
■バッチやアプリケーションと ERRORLEVELの関係
■5分毎に tasklist の結果を記録するバッチサンプル
■バッチの実行・停止の制御をサーバ側で制御する(リモート制御)の工夫
■途中解除可能な wait (待機) するWindows コマンド
■ユーザ一覧を表示する
■バッチ内で変数、及び計算を行う
■set と set /a の違い
■指定したサイズのファイルを削除する方法
■変数を数字として扱い比較する
■for ループによりテキストの各行を処理する

システム
■shutdown.exeの成功・失敗の結果をイベントログに記録したい
■起動しているサービス一覧を取得する
■起動しているプロセス一覧を取得する
■イベントログにエラーを記録したい(Windows XP/2003/Vista)
■数秒間、待機(wait)するバッチ
■ユーザ向け環境変数あるいはシステム環境変数をセットする

[FAQ CENTER トップ]



スポンサード リンク